関税

靴・革靴・スニーカーの海外通販にかかる関税

更新日:

靴_革靴_スニーカーの関税について

靴や革靴の関税について

FC-MOTOmotardinnでバイクブーツやレーシングブーツを購入した際の関税ってどうなるんでしょうか?

通常、個人が海外通販をした場合、10,000円以下は関税は免除されることになっています。

※送料込みで16,666円以下という計算になります。

 

しかし、例外があり、関税を免除しないという物品があります。

 

そのひとつがです。

 

ここでは靴を海外通販で個人輸入した際の関税について解説します。

その他一般的な関税についてはこちらを参考にしてください。

 

革靴が特に関税率が高い

革靴に限らず革製品は全体的に関税率が高いので注意が必要です。

革靴に課せられる関税の計算に関してはこのようなルールになっています。

1足最低4300円or購入金額の0.6掛けの30%のどちらか高い方

 

革靴の関税の計算例

30,000円の革靴を購入したとして計算をしてみます。

こちらの関税計算機も利用できます。

革靴の値段:30,000円

30,000円×0.6=18,000円
⇒ 課税対象

18,000円×0.3=5,400円
⇒ 関税

上記の計算で関税は5,400円になりました。

 

革靴の関税は「1足4300円」「購入金額の0.6掛けの30%」のどちらか高い方なので、この場合は5,400円になります。

 

消費税も課せられる

関税に加え、消費税の支払いも必要になります。

仮に関税が課せられない場合でも消費税は課せられます。

消費税の計算はこのようになります。

(課税額+関税)×0.08=消費税

革靴の値段が30,000円の場合、関税が5,400円という計算になりました。

(18,000円+5,400円)×0.08=1,872円

 

1,872円が消費税となります。

 

通関手数料

関税の支払いは主に配送業者に支払う形となります。

その際に手数料を取られます。

郵便:200円

フェデックス:500円

DHL:735円

UPSヤマト:0円

 

靴の種類とそれぞれの関税率

革靴とそうでない素材の靴とでは関税率が異なります。

靴の種類(素材)とそれぞれの関税率は以下のようになります。

革靴・ファー付きの靴:30%または4,300円のいずれか高い方

スニーカー・スポーツシューズ:8%

レザー・スエードのスニーカー:30%

キャンバスシューズ:6.7%

 

国際郵便で送った場合には関税がかからない場合がある?

motardinn(モータードイン)では発送方法が選べ国際郵便で発送することもできます。

ただし重量とサイズ制限があり、国際郵便で送れない場合はDHL一択となります。

国際郵便で送った際に関税が課せられる場合とそうでない場合とがあります。

詳しくはこちらの記事を参考に

 

まとめ

海外通販で10,000円以下の購入であれば関税を免除されるが靴は適用されない

靴の中でも革靴の関税が特に高い

革靴の関税の計算は1足最低4300円or購入金額の0.6掛けの30%のどちらか高い方

関税だけでなく消費税も課せられる

関税を支払いの際には配送業者に手数料を支払う

 

バイクブーツを個人輸入しよう

バイクブーツがお得に個人輸入出来るショップ

motardINN(モータードイン)

motardINN_モータードイン_ヘルメット_バイクスーツ_海外通販2_



ヘルメット・バイクスーツなどのバイク用品を専門に扱うスペインのオンラインショップ。

日本語で買い物OK!な海外通販初心者でも買い物しやすいショップ。

AVG・ダイネーゼ・スピーディーなど日本で買うよりもかなり格安でゲットできます。

⇒ 割引クーポンを使えばさらにお得

FC-MOTO(エフシーモト)

FCMoto-ノースフェイス海外通販

ドイツを拠点にしたバイクショップで、バイクウエアー、レザーウエアー、ヘルメット、グローブなどを扱っています。
バイク用品の品揃えが多いのですが、アウトドアやスキーなどの商品も揃えているので要チェック。

サイトが日本語表示、日本円表示なのも大きなポイント。

日本への送料は一律約2,600円(レートで変動あり)

⇒ FC-MOTO日本語表示の方法

⇒ FC-MOTO買い物方法

 

にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ

-関税
-, , , ,

Copyright© FC-MOTOとmotardinnでバイクパーツ・ヘルメットをお得に海外通販 , 2019 All Rights Reserved.